招待状にもいろいろ

結婚式の準備に招待状があげられると思います。
結婚式の日時が決まったら、親族・親戚・友人に結婚式の招待状を出さなければならないですよね。
招待状を準備するにしても、招待状も自分で作るのか、結婚式場などのスタッフさんにお願いするのか、友人たちにお手伝いを頼むのかなどなど色んな選択肢があるような気がします。
招待状自体は結婚式場などのスタッフさんにお願いして作ってもらい、宛名だけでも自分たちでという招待状をここ最近もらいました。

披露宴だけ招待するのか、挙式・披露宴ともに招待するのかを両家で人数合わせするためにこの形式をとったと後に聞きました。
この封書がとても手のこったものだったのですが、昔ながらの封印は蝋でしてありました。
封印の蝋の上には招待主のイニシャルが刻まれていて・・・オーっとすこし感心しました。
新婦側の招待を受けたものだったのですが、この招待状のは新郎からのメッセージがはいってました。
披露宴の演出を手伝って欲しい旨と新婦には内緒にして欲しいことが書いてあり、新郎からのサプライズの依頼でした。
結婚式の準備だけでも大変なのに、新婦に対する思いがこの招待状にもこもっている気がしました。
招待状一つとっても結婚式の準備なんだなーと思わせるものでしたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です